スズメバチの巣を駆除する|ハウス悩みをスッキリ解消

刺されると痛みを伴う

家

スズメバチが活発に活動し始めるのは、夏から秋にかけてだと言われています。その時期になると、女王蜂が巣を形成して繁殖活動を始めます。そして少しずつ巣の規模が大きくなって働きバチの数が増え、その結果活動が活発になり必然的に行動エリアも拡大するのです。スズメバチの巣の中心的な存在が女王蜂なので、その配下である働きバチ達は女王を守るために繁殖期になると攻撃性が増します。それ故に、夏から秋にかけての時期はスズメバチによる人的被害が多数発生することにも繋がるのです。

スズメバチはとても強い毒針を腹部にもっていますので、もし刺されてしまうと患部がパンパンに腫れてしまいますよ。人によって個人差がありますが、多くの場合患部が大きく晴れたうえに熱を持って激しい痛みを伴うとされています。一箇所を刺されただけでは死んでしまう危険性は少ないのですが、それでも激しく痛むことには変わりがありません。そういった被害を受けたくないとお考えであれば、個体や巣を見つけた際早めに業者に駆除依頼を行なうことがオススメですよ。

スズメバチの巣を素人が駆除するというのはあまり良い判断だとは言えません。下手に巣内の蜂を刺激してしまうと、刺されてしまう、または周辺住民に被害が拡大する恐れもあるのです。そういったトラブルを未然に防ぎたいのであれば、駆除のプロフェッショナルである業者を頼るのが一番ですよ。中には相談料無料で対応してくれる所もありますので、コストが気になる方はそういった駆除業者を利用すると良いかもしれません。

Copyright © 2016 スズメバチの巣を駆除する|ハウス悩みをスッキリ解消 All Rights Reserved.